大人の遊び

メニュー

片思い相手がいるの時のLINEのおすすめの頻度について!

118 views
約 12 分
片思い相手がいるの時のLINEのおすすめの頻度について!

今回は片思い中の相手がいる時のおすすめのLINEの頻度について紹介していきたいと思います。

片思い中は色んな事を考えたり不安になったりしますが、LINEを送るだけでも色々と考えたりします。

 

そこでこの記事ではどの位の頻度でLINEを送ったら良いのか?を詳しく解説していきたいと思います。

アッキー
好きな人にはLINEを送るのも勇気がいるんだよね!
ヨッシー
分かる!嫌われたり、ウザがられたりしたら嫌だよね…。

LINEの頻度は超重要な話

恋愛においてLINEの頻度はかなり重要な内容になります。

 

勿論送り過ぎるのも良くないですが、逆に送り過ぎないと中々仲良くなる事が出来ません。

好きな人と関係を詰めたい場合はLINEを利用する事は必須となりますのでしっかりとLINEの頻度について考えて見て下さいね。

アッキー
LINEの頻度ってそんなに重要な事だったんだな!
元風俗嬢ゆな
女性の場合は特に連絡の頻度とか重要視してる人も多いかな?

返信のペースは相手に合わせるのが鉄則

好きな人とのLINEのやり取りでは、返信する時に相手のペースに合わせるのは基本中の基本と言えるでしょう。

好きな人とのLINEなので1秒でも早く返したいと思ってしまう人も中に入るかも知れませんが、自分はいつも返事が遅くなってしまうのに、相手からは毎回送った瞬間返事が来る様ではプレッシャーに感じてしまいます。

 

相手に合わせるという意味では、LINEの文字数やテンションについても同じ事が言えますので、気を付けましょう。

アッキー
なるほど!本当は送ったらすぐに返信して欲しいけど、期待し過ぎるのは良くないんだな!ちょっと余裕を持つ様にします!
ヨッシー
恋愛において余裕を持つ事って重要なんだな!

余裕を持つ事は恋愛において重要!

何事においてもそうですが、恋愛においても余裕を持つ事は大切な要素となります。 すぐに返信して欲しい気持ちは分かりますが、焦らず待つ様にしましょう。

相手が終わらせてるのに毎日送るのはNG

LINEを相手が最後に終わらせた場合ってありますよね。

相手側が最後に返信をしていない状態にあるのに、毎日の様にこちらから送ってしまうのは絶対にやめましょう。

 

相手側はもう話す事が無くなったり、もう一旦終わりにしたいと思ったから返信をしなかった場合もあります。

それなのに次の日にまたその人からLINEが来たら、うざがられてしまいます。

 

これについては、後程紹介するテクニックでいい方向へ持っていく事も出来ますので、そちらを参考にしてみて下さいね。

アッキー
好きになったら連絡は毎日したい!って思うけどそれだとダメなんだな!まずは相手の反応を確認する事が重要なんだね!
ヨッシー
自分の気持ちだけを優先するのは危険って事だね!
元風俗嬢ゆな
ちゃんと相手の気持ちも確認しよ♪

LINEを制するものが恋を制する

今の時代、コミュニケーションを取ると言ったら、ほぼ100パーセントみんなLINEを使っています。

つまり、LINEを完璧に使いこなす事が出来れば、自然と恋の成功率も高くなるという事なのです。

LINEは恋愛において必須なツール

LINEは恋愛においてかなり重要な必須ツールになります! しっかりとLINEを使いこなせる様になりましょう!

LINEを使えば、相手の生活や身の回りの状況に自然と入り込む事が出来る様になります。

 

LINEのやり取りを上手に続ける事さえ出来れば、相手の最近の状況やメンタル面、更には自分の事をどの様に思っているかまで知る事が出来ます。

頻度をあげるLINEテクニック

それでは実際にLINEの頻度をあげるLINEテクニックを紹介していきたいと思います。

この様なLINEテクニックを使用する事で好きな人と上手く仲良くなる事が出来る様になります。

LINEを返信せずに保留しておき主導権を握る

好きな相手とのLINEのやり取りでは、ついつい自分の方から積極的に連絡を取ってしまう事でしょう。

LINEを出来るだけ続けたいという気持ちは分かります。

 

もしも相手側がLINEを終わらせてしまったら、なかなか次のLINEって送りにくくなってしまいますよね。

 

そのため、LINEのやり取りの中で盛り上がりを感じたら、一回やり取りを落ち着かせるという方法もあります。

途中で既読スルーや未読スルーをして時間を空けるか、次の日または数日間空ける事で、主導権を握る事が出来ます。

寝落ち等を理由に翌日に持ち越す

LINEを相手で終わらせてしまわないためにも、最後のLINEをこちらで途中で終わらせるという方法もあります。

 

例えば、夜にLINEをしていたのだったら、寝落ちしてしまったという事にすると良いでしょう。

また、その他の時間でも、仕事などが忙しくて返せなかったというのを理由にして、次の日にやり取りを回すという方法も使えますよ。

アッキー
なるほど!そんな作戦を使えば良いのか!

流石に毎日この方法を取ってしまうと良く無いですが、数日間続けられればこっちのものです。LINEが止まった時に、相手にあなたの事を考えさせるきっかけになります。

とっておきの話題は使い所が重要

たまに日常生活で面白い事があったりとか、相手の趣味に関係するネタなど、とっておきの話題ってありますよね。

 

そんな話題は、上手く使う事で相手とのLINEに役立ってくれます。そのため、思いついた先から送ってしまってはもったい無いですよ。

 

相手が必ず返したくなる様なネタは、LINEのやり取りが終わってしまった時や、相手から返事が来なくなってから数日経った時など、こちらからLINEを送りたい時に最適な使い方と言えます。

毎日LINEしてるから好きという訳ではありません

まず勘違いしていけない事は毎日LINEをしてるからと言ってあなたの事を好き!という事ではありません。

この事を注意しておかないと後から失敗する事が出てきます。

LINE好きで毎日やり取りしても苦じゃないだけ

男の子とのLINEのやり取りで、一つだけ覚えておかなければならない事があります。

それは、男の子の中にはLINEが好きで、毎日でも一日中でもやり取りをしていて全く苦にならない人もいるという事です。

 

その他にも寂しがり屋な人も、これに当てはまるでしょう。

好きな人が相手じゃなくても、暇だったり話を聞いて欲しかったりと、なんとなく誰かとずっとやり取りを続けられます。

 

なので、ただずっとやり取りが続いたからといって、必ずしも自分を好きとは限りません。

好きでは無いかもしれないが嫌いでも無い

先ほどお話ししたようなLINEが好きだったり、

毎日でもLINEのやり取りを続けられる男の子は沢山いるかも知れませんが、いくらLINEが好きだからって、嫌いな相手とは流石に毎日やり取りなんてしません。

 

いくらLINEが好きでも、嫌いな人からのLINEなら既読スルーする事だって当たり前にあるのです。

 

そのため、毎日LINEを続ける事が出来ているのならば、少なくとも嫌われてはいないですし、最低ラインはクリアしていると思って良いでしょう。

アッキー
この段階で最低ラインはクリアしてる事なのか!

更に一歩踏み出して判断する必要がある

毎日LINEのやり取りが出来ていたとしても、ただそのままLINEを続けているだけでは、相手とお付き合いするまで至らないでしょう。

 

毎日LINEを続けていても相手から何もアクションが起こらない場合は、自分から一歩踏み出し、次のステップに進みましょう。

 

まずは相手が自分に対して好意を持っているかという事を、確認する必要があります。

その好意の確認方法として、一番手軽に試せるのが電話です。

 

毎日LINEのやり取りをする関係を築けているのなら、いきなり電話をしても問題無いかも知れません。

しかし、おすすめとしては「明日の朝起こして」と言ってみる事です。

 

「アラーム消しちゃうから起きるまで電話して」といった感じなら言い訳としても適用します。明日朝嫌だなという話から、流れを作ると良いでしょう。

まとめ

どうでしたか?今回は片思い中のおすすめのLINEの頻度について紹介しました!

LINEは恋愛において必須のツールになりますので上手く使いこなす事は重要な要素になります。

 

もしかするとLINEでマズイ行動をしてる可能性もあるので、この記事を読んで参考になればと思います。

それでは最後まで御覧頂きありがとうございました。

セフレの作り方特集

夢のSEXライフ

セフレが出来る!

セフレを作る為のテクニック特集

パパ活特集

パパ活入門ガイド

女子の副収入

楽に稼げる?

恋愛特集

恋人の作り方

恋愛講座

好きな人を落とせ
女性におすすめのお小遣い稼ぎについておすすめの方法やメリットデメリットについて紹介しています。美容などにお金がかかる女性もすぐにお小遣い稼ぐ事が出来る方法を紹介しています。
今人気の相席屋や相席ラウンジの攻略法を紹介しています。相席屋は気軽に女性と男性がマッチングする事が出来る非常に便利な施設です。最近では出会いの欲しい若者などから人気のお店です。
出会い系は昔から男女の出会いに特化した人気のサービスです。出会い系攻略ページでは出会い系でマッチングしやすい方法やセフレの探し方などに特化して詳しい情報を提供しています。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

  • コメントの多い記事
  • カテゴリー
  • アーカイブ
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE